バンド公式Twitterアカウント発足!
気軽にフォローミー!!



次回ライブは
2018年7月23日(月)下北沢DaisyBar
※THE VISIONは20:20から出演




チケット予約
thevision555@gmail.com
にて受付中!

5曲入りnew mini album「hallelujah ep」発売中。

2018.7 .11 SetList,Live Info更新。
Musicページ更新!8月21日のTHE VISION企画より発売開始するNEW ALBUMより「Telescope」と「Audible」UPしました!


バンド公式Facebook完成!

pleaseイイね!



2014年3月8日土曜日

レゲエの神様君臨

最近、ある事に気が付いた。

写真の中のCDのジャケットの共通点。

そう、ジャケットが顔(もしくは顔の絵)のものには、俗に言う「名盤」が多いのである。

アークティックの1st、ジョンレノンのimagine、U2のWAR、RadioheadのThe Bends、キングクリムゾンにボブディラン、Doorsにスミス……

ロック史に刻まれる名盤達に、顔アップのジャケットは非常に多い。



僕の家のCDからざっと選んだだけでこんなにあるのだから、まだまだこの手のジャケットは多いと思われる。

やはりインパクトが強いからなのか。
そもそも作り手としても中身に相当自信がないと顔アップのジャケットにはなかなか出来ないだろう。

とにもかくにも、顔ジャケには名盤名作が多い気がするし、
実際「顔ジャケ名盤説」なんてものも世の中にあるとかないとか。。。

こうなったら俺らも顔ジャケ作るしかない!
と思い、自分の顔アップ画像を探してみた。


結果。



















タイトル「ボブマーリー?人違いじゃないっすか?」

あかん。これはあかんよ。
ちなみにこの画像、私自身である事は認めるが、
いつどのような状況で撮ったのか等の、くだらない質問は一切受け付けない。

顔ジャケ名盤説はやっぱり嘘だ。
こんなジャケットじゃ、どんなに中身が名盤でも、どんなにいいライブしても
誰も手にとってくれない。。

そもそも、こんなジャケット誰も印刷してくれない。

却下。

-----------------------------------------------

3月9日(日)下北沢DAISYBAR
我々は19時10分から。

5曲入りの新しいCD持っていきます。

…ジャケットは…

来てのお楽しみだ。

加賀山

0 件のコメント:

コメントを投稿