TelescopeのMusic Videoが公開されました!
是非ご覧ください!

Twilight StarlightのMVも公開中!


------------------------------------------------------------------
次回ライブは
2019年1月28日(月)下北沢DaisyBar



チケット予約
thevision555@gmail.com
にて受付中!

11曲入りfull album「THE VISION」ライブ会場でCD発売中。
Apple Music,Spotify等の全配信サービスでも購入、ダウンロード、ストリーミング中。

https://linkco.re/C6aNyDVP


からすべての配信会社にリンク可能!


2018.12.25 Live Info,Set List更新。
Musicページ更新!


バンド公式@LINE
様々な最新情報配信中!

バンド公式Twitter
気軽にフォローミー!!



2019年1月17日木曜日

ゲットバック

あけましておめでとうございます。

ドラムの彼がおよそバンドマンらしからぬ年末年始を謳歌してるなか、僕はひたすらビートルズの、というよりはポールのコピーに明け暮れていました。

今更感あるかもしれないですが、ビートルズのコピー、特にベースパートのコピーはめちゃくちゃ難しいんですよ。

ある程度なんでも弾けるようになった今だからこそ、ポールの不思議なベースラインに苦しめられるというか、とにかく独特のセンスなのです。

形から入るがモットーの僕は、とりあえずバイオリンシェイプの例のあのベースを探しに楽器屋に行きました。
しかしふと疑問が。

例えば ジミヘン=ストラト
マイケルシェンカー=フライングV

ぐらいにポール=バイオリンベースって印象のはずなんですが、なぜその後数多のポール信者の中からバイオリンベースを使った著名なベーシストが輩出されないのか?

試奏してみて10秒でわかりました。
もうね、何やってもあの音になるんですよ。
つまりフェフナー社のバイオリンベースは今やビートルズ専用というか、ビートルズのサウンドはあのベースの音でできているのだなと分かりました。

軽くて小さくて弾きやすいではあったのでもっとジジイになってビートルズのコピーバンドをやる時にまた買おうかな。


本年もよろしくお願いします。


2019.1.17 エナリ

2019年1月11日金曜日

新年から日記忘れかけた

ドラム三戸です。新年あけましておめでとうおめでとうございます!

大晦日の笑ってはいけないシリーズ、毎年楽しみにしています。
年を追うごとにマンネリ化している気もしますが、ああやって国民的番組として続いているってことが何より凄いなと思います。

今回ヤンシー&マリコンヌという新喜劇芸人のネタを有名人が完コピするというくだりがあったのですが、それが一番面白かったです。

ギター使った芸なんですが、面白いっていうのはもちろんで、純粋にかっこいいんですよ!
元ネタを探していたらApple Musicにあったもんだから、思わずダウンロードしてしまいました。

今月中にギターをコピーしてやろうかと計画中です。

2019年1月8日火曜日

謹賀新年

皆さま、あけましておめでとうございます。

2019年、バンドとしてはもっと良い曲、もっといいライブを沢山作っていきたいと思います。
フルアルバムとまではいかなくとも、音源とPVは今年も必ず作ります。

個人の目標としては今年は「なるべく早く寝る」を心がけたいと思います。
何事も身体が資本。常にフルパフォーマンスを発揮するにはやはり睡眠が大切だと痛感する今日この頃。
そこから全ての歯車をいい方向に変えていけたら、と考えています。

昨日、高校時代の友人の集まりがあり、2019年初三戸くんをお目にしました。
正月暇すぎた彼は、1月1日の早朝になぜか目的もなくヨドバシカメラの福袋に並んだらしいです。
1万円の福袋を買って、ワイヤレスイヤホンをゲットしたと嬉しそうに話していました。
その次の日には、人生初の新宿伊勢丹メンズ館に行って、そのオシャレさと中国人の多さにひるんで帰ってきたという話しもしていました。

僕から言わせれば、もはや奇行です。

高校時代、V6のイノッチもしくは柴犬に似ていると言われていた可愛らしい彼の面影はもう微塵もありません。
だけどなんというか、平和で微笑ましい限りでした。
ある種の羨ましさすらあります。

そんな彼には、今年も円熟のビートを期待しましょう。

江成からは先程「やっぱポールマッカートニーが最強だわ」「バイオリンベース欲すぃ」というLINEが来ました。
色んな意味でマッカートニーになってくれたら最高ですが、彼はその時はまっているものに感化されやすいので、今年は指パッチンにハマってポールはポールでも「ポール牧になるわ!」と言い出さないか心配です。

そんな彼には、今年もマルチなパフォーマンスと、歌っているかのようなベースラインを期待しています。


明日はスタジオはじめです。
2019年もTHE VISIONをどうぞよろしくお願いします。

加賀山







2018年12月28日金曜日

ザタイムスゼイアーエィチェンジング

正真正銘2018年最後の日記です。

遅ればせながらamazonプライムビデオ会員になって昔のアニメを見るのにハマってます。
サザエさんの1969年版など本当に面白い。
登場人物の口が悪いなんてもんじゃない。
放禁用語と暴力のオンパレードです。

なるほど、これを見て育った今の50代はそりゃ口が悪くて横柄になるわなと思いました。

しかし口の悪さや暴力性はある意味表現力やバイタリティーに繋がると思うので今の様々な圧力に憂慮された保守的な虚無サザエさんを見て今を生きる子どもがどういう人間が育つのだろうと興味もあります。

壇蜜が政治経済の議論番組でアメリカの貿易摩擦について語っているところに不思議な感覚を覚えながら今年を締めたいと思います。

本年はフルアルバム、PV制作と色々動きがありましたが、ご多忙の中関わっていただいた全ての方に厚く御礼申し上げます。
来年もTHE VISIONをよろしくお願いします。

2018.12.28 エナリ

2018年12月22日土曜日

今年最後のライブはクリスマス

こんばんは!
日記の存在を締切25分前に気付きました!危ない危ない…


明日は有馬記念であります。
気持ちよく当てて気持ちよい年越といきたいところであります。
あんまり贔屓な馬がいないんで、サイン馬券でも買おうかと思ってます。


2-3-5(日産ゴーン)


実はゴーンさんが逮捕後のG1レースは上記買い目を買い続けているのですが一向に当たりません。有馬記念までお預けだったと解釈し、引き続き買う所存であります。
仮に当たらなくてもポープフルSで買ってやる。


12/25は下北沢daisy barで年内最後のライブであります。気持ちよく演奏して気持ちよく年越といきたいところであります。

三戸

2018年12月18日火曜日

S.R.W.M

先日、某洋服屋で、獣神サンダーライガーを見かけた。嘘じゃない。

正確にいうと、獣神サンダーライガーのマスクを被った人が、洋服屋で買い物をしていた。
それが本人なのか、趣味でマスクを被って生活している人なのかは、当然特定できない。

肉体的には本人の様にも見えるが、冷静に考えて本人だったらプライベートでマスクを被ったまま買物するのか?
という疑問もある。

ちなみにマスクだけが完全にサンダーライガーで、上半身以下は完全に力仕事をしているであろうワークマンスタイルであった。
ライガーケンタウロスだ。

僕はただ、そのサンダーライガーワークマンの衝撃に、声をかけるどころか笑うことすらできずにいた。

ちなみにサンダーライダーワークマン(以下S.R.W.M)は、かなりガタイがいいので、店舗にある洋服のサイズはまるで着れないようであった。

上着のXLを試着していたが、はっきり言ってもう腕の部分がボンレスハムの様になっていた。


気に入ったものがあっても、サイズがないS.R.W.M。
結局何も買わずにお店を去ったS.R.W.M。

その背中は獣神と呼ぶには程遠く、儚げだった。

S.R.W.Mが、本人だったのか気になって3日ほど眠れなくなった。
なので先日打ち上げの席で、メンバーにこの話をしてみた。

江成も三戸も確実に本人では無い。と主張した。
本人だったら、プライベートでマスクなんて被るわけがない。と。
なるほど。


でも僕はこう思う。
いや、本人じゃなくてもマスクなんて被るわけない。
すくなくとも外では。

散々議論した結果。

説①本人であり、もうマスクが身体の一部として慣れすぎていて、外すのをうっかり忘れていた。

説②そいつはYou Tuberであり、「サンダーライガーのマスク被って買物してみた!w」的な動画の撮影だった。
(だとしたら、世間とは意外にも冷たいものであり、周りは誰も反応していなかったので、この撮影は完全に失敗に終わっている。)
が、有力となった。


メンバーにひどく責められた点として、何故声をかけて真相を聞かなかったのか。ということ。
こればかりは「人生迷ったらGO」をモットーとする私にとって、完全に不覚であった。

2018年ももう終わるので、来年こそは同じような事が起こった場合、声をかける。いや、むしろいきなりラリアットでもかまして本人確認するくらいの陽気さを手に入れたい。

なんならS.R.W.Mの気持ちを少しでも理解する為に、今度マスク被って買物に繰り出そうかな。

そうしたら、そんな僕を見た誰かが同じ気持ちになってマスク被って買物に行き出すのかな。
そしたら近い将来、町がS.R.W.Mで溢れかえる時がやってくるのかな。
などと考えたりした。

年末って、恐ろしい。

皆さん、良いお年を。

加賀山

20日の新宿MOTION。THE VISIONは19時45分からの出演です!
年内残り二本の予定ですので、是非。




2018年12月14日金曜日

忘るゝベカラズ

俺という人間は非道く飽きっぽい。
27年間生きてきて続いた事物は数える程しかない。
そんな俺が不定期とはいえ日記というものをかれこれ四年も続けているということは、罰則規定があるとはいえ我ながら大したものだと思う。

そして数少ない俺が続けているものといえばやはりベース。
マンドリンやらハーモニカやら色々な楽器に手を出してはいるが、それらは結局のところ俺にとってベースを軸にして音楽を考えるためのいわばサブウェポンなのである。

機械やテクノロジーが進化して風呂でも平気でスマホが使えるようになったり、タブレットで作曲ができるようになったとしても、やっぱり手で弾く楽器や音楽の楽しさを感じることを忘れてはいけないと思う今日この頃なのです。

今年最後かもしれないので一応
皆さま良いお年を、来年もよろしくお願いします。

2018.12.14 エナリ

2018年12月7日金曜日

M1見逃した

早いものでもう師走ですね。

昨日「仕事のミスをなくす研修」なるものを受講してきました。
ざっくりまとめると
①人間の脳ミソは信頼ならないからちゃんとメモとりなさいね ②言った言わない論争を繰り広げない為にちゃんとコミュニケーションとりなさいね
って講師の方がコレ見たら激怒しそうですが、そんな内容でした。実際ちゃんとした有意義な講義でした。

講義の中で、いかに人間の脳ミソがいい加減かを実感するテストを何個かやったのです。パッと出てきた8桁の数字を暗記するとか、名字の羅列を覚えながら違う事柄も覚えるとか。

そしたら俺、他の受講者の方々に比べて全然記憶出来なかったんです。全問不正解!正解者が圧倒的に多い問題も不正解。
人間の脳ミソなんてそんなもんですってレベルをだいぶ下回ってるなぁと実感。。
そういえば俺、曲の構成とか歌詞とか全然覚えられない。カラダに染み込ませるまでマジポンコツなのですが、そういうことだったのか!と妙に納得。

こういう短期的な記憶力ってものは訓練のしようがないものらしいです。

何が言いたかったと言うと
加賀山さん江成さん
曲作りの時飲み込みが遅いの勘弁してね
って事です!

ミト

2018年11月28日水曜日

コーヒールンバ

初心忘れるべからず。

というわけで最近は弾き語りに夢中です。

ただ歌ってコードを弾いて。だけではなく、メロディーや構成に応じて声量や歌い回し、ギターの弾き方を足し算したり、引き算したり。

大体は足し算のことばかり考えてしまいがちですが、弾き語りは、この「引き算」というのがとても重要で、
その感覚を鍛えるべく精進の日々です。
中学生時代に始めてアコースティックギターを手にし、歌本をめくりながら指を痛めていた時代を思い出しながら。

あの頃と違うのは、ただがむしゃらにデカイ声で歌うのではなく、歌にちゃんと心を込められるようになりたいと思いながら歌っているということ。
そして、僅かながら、曲や詩の意味や構成が、どこが何故どういいのかがあの頃よりは少しだけ理解できるというところですかね。

弾き語り、奥が深いです。

SNSのライブ機能を使ってゲリラ的に弾き語り配信を試みましたが、やはり一人というのは大変です。
不安を共有するメンバーもいないわけで。
ですが、不特定多数のネットの世界に、単身で乗り込むという武者修行の意をこめて、これからも不定期にやってみようと思いますので、インスタ、ツイキャス、LINE LIVEなど色々と試してみるつもりなので、その際は視聴と応援よろしくお願いします。
コメントとかもいただけるとなんとか生きていけます。

尊敬するアーティストの方々の曲を拝借したり、Youtubeなどで映像を見ていると、やはり玉置浩二さんの歌唱力と井上陽水御大の作詞センスには脱帽です。。。
あの頃はよかった、とは言いたくありませんし、今も素晴らしい曲を書く人は沢山いますが、一昔前の歌い手の方々は、詩や歌い方に非常に個性があって、今の時代には絶対に書けない歌がたくさんあるなぁとも思います。

長く愛される歌、沢山作りたいですね。

というわけで、バンドでも最近は曲を作ってます。
らしさと新しさを開拓しながら、頑張りたいと思います。

29日はデイジーバーで20時20分からライブです。

今年も残りわずか。
悔いなく生きましょう。

加賀山







2018年11月23日金曜日

アナザワンバイツァダスッ!!!(前回はどうもすみませんでした)

ひどく久しぶりに映画館で映画を観てきました。
話題のボヘミアン・ラプソディです。

非常によかったです。是非映画館で見て欲しい映画。
ドキュメンタリー風ファンタジーっぽいなと思いましたが俳優陣の作り込みと何せ音源は全てQUEENなので(しかも曲の差し込み方とチョイスがかなり秀逸)クイーンのファンもキムタクのでしか知らない人も楽しめる作りになっていたと思います。
どちらかというとコアなファンより「曲名知らないけど聴いたことある」みたいな層向けに作られた様な感じかと。

後半のライブのシーンは1985年のライブエイドのいわば壮大なモノマネだったのですがそれはそれは熱くなりました。
ピアノの上の紙コップの配置とかロゴとか飲み物の残り方とかも完全再現。

とにかく迷ってる方は公開してるうちに映画館で観とかないと後悔すると思います。

映画の宣伝でした。

2018.11.23 エナリ