TelescopeのMusic Videoが公開されました!
是非ご覧ください!

Twilight StarlightのMVも公開中!


------------------------------------------------------------------
次回ライブは
2019年8月11日(日)千葉ANGA
※THE VISIONは18時40分から出演



チケット予約
thevision555@gmail.com
にて受付中!

11曲入りfull album「THE VISION」ライブ会場でCD発売中。
Apple Music,Spotify等の全配信サービスでも購入、ダウンロード、ストリーミング中。

https://linkco.re/C6aNyDVP


からすべての配信会社にリンク可能!


2019.8.1 Live Info,Set List更新。
Musicページ更新!


バンド公式@LINE
様々な最新情報配信中!

バンド公式Twitter
気軽にフォローミー!!



2019年8月16日金曜日

この世の人 気は確かか?

この度は私の体調不良につきライブ活動に支障をきたしてしまい誠にすみませんでした。

さて、そんな私の体調不良の原因でありますがこれには諸説あり。
①連日の酷暑による熱中症
②視力の悪化からくる眼精疲労によるもの
③ ①及び②の複合的な症状によるもの
④平沢進

フジロックのライブ配信で視聴して以来、すっかりめくるめくヒラサワワールドの虜と成り果ててしまった私、もはやライブ配信繰り返し見すぎて「フジロックで生で平沢進見た」ぐらいの感覚に陥っています。
さすがに彼の音楽が万人にウケるなどとは私も思ってはいないのであえて詳しい紹介は省きます、簡単に特徴を羅列すると「時に荘厳、時に軽快なリズム、西洋的とも東洋的ともいえる美しい旋律、知的好奇心をくすぐられる歌詞、洗練されたライブパフォーマンス」こんなところでしょうか。
彼がどういうミュージシャンなのかは興味がある方だけお調べください。

そんな訳で私の魂はいまだにレッドマーキー跡地あたりを彷徨っているわけです。

いくら影響を受けやすい私でもさすがに平沢進テイストを新曲にぶち込みたいなどとは(多様な問題も含め)思っていませんのでご安心ください。

話は戻りますがおそらく体調不良の原因は主に②だと思ってます。
視力矯正用のメガネを作ったら大分楽になったので。
外したときの見えなさに恐怖すら覚えました。

しかしバンドの2/3がメガネというのはいかがなものか………

2019.8.16 エナリ

2019年8月11日日曜日

本日のライブに関して

本日の千葉アンガでのライブは、ベース江成の熱中症により、加賀山、三戸の2人によるアコースティック編成でのライブとなります。
ご了承ください。

2019年8月9日金曜日

健康第一

今年のフジロック、今までで一番充実した時間を過ごせましたね。
出演者のパフォーマンスに依るところが大きいのは勿論ですが、1番の要因は体力の配分です。

我々のフジロックは
夜中出発→朝方苗場到着→数時間車内で仮眠(熟睡は出来ず)→フジロック堪能→夜中に現場を離れる→帰宅を試みるも尋常ならざる睡魔に負けて車中泊→起きたら出発→夕方帰宅→2〜3日回復せず

というコースがお決まりなのですが、今年は

昼間出発→夕方苗場到着→前夜祭堪能→夜中に知人の会社保養所(めっちゃいい苗場のホテル)で大浴場・睡眠→翌朝モーニング→フジロック堪能→夜中に現場を離れる→知人の会社保養所で大浴場・睡眠→翌朝モーニング・大浴場→夕方帰宅→翌日回復(バンド練習した)

でした。

ポイントはお分かり頂けるだろうか?


・朝起きて夜眠る
・ふかふかのベッド
・モーニング
・風呂


これです。
これで、ただでさえ楽しいフジロックは、その何倍も楽しいものになるのです。
全ては知人の会社保養所に詰まっていたのです。

例年フジロックが終わる23時頃に誇張なしで屍になってしまう私でしたが、今年はおかげさまで脱屍出来ました。帰りの駐車場行きバスの大行列もなんのそのって感じでしたからね。


出演アーティストは関係ないんかい!という声があがってきそうな話ですが、それほど心身の健康状態が音楽を堪能する上で重要だという事を身をもって知った次第です。


健康第一


決まり文句のような言葉ですが、ガチですねこれは。



アーティストに関しては

加山雄三のマイウェイ
田島貴男のハイテンション
ジャネールモネイの完璧なショー
ウォーターボーイズの多幸感
ルミニアーズの神々しさ、圧倒さ

が印象的です。どれも素晴らしかった!


我らがベーシスト江成が、今年のフジロックアクターである平沢進にどっぷり浸かって今なお浮上出来ずという課題はあるにせよ…


知人ありがとう!!!!


ドラム三戸でした

2019年8月6日火曜日

パンクス

お菓子界の革命児。
別名せんべい博士と呼ばれるドラマー三戸隆宏が、せんべい界のリバティーンズと称した、あれ。

そう、ぬれ煎餅。

最近見かけなくないですか?

昔大好きで毎日のように食べていました。
ふとしたことからまた食べたいなと思い、探したのですが、スーパーにもコンビニにもありませんでした。。

何故?
もう需要はないのでしょうか?

確かに全盛期も一時期のポップコーンや、今のタピオカのような、インスタ女子に大人気!的な勢いがあったわけではなく、知る人ぞ知る、という感じの銘菓だったのですが。。。

しかし、無いと分かるとますます食べたい。

ああ、食べたいなぁぬれ煎餅。。。
だんだん三戸君の顔がぬれ煎餅に見えてくるな。。

どなたか、ぬれ煎餅の所存を知っている方いたら教えてください。

そういえば、11日にTHE VISION初の千葉遠征があります。

ぬれ煎餅は、千葉の銚子が発祥らしいので、千葉付近のサービスエリアあたりで発見できるのではないかと目論んでます。

発見した暁には、即インスタグラムであげたいと思います。
映えますよね。非常に。

というわけで、11日は千葉アンガで18時50分からです!
17日は下北沢デイジーバー。

素敵な夜にしましょう。

加賀山

2019年7月28日日曜日

フジロック

今年も無事生還しました。
詳細はまた後日。

2019.7.28 エナリ

2019年7月20日土曜日

気候も気持ちもジメジメ模様

雨上がり宮迫さんとロンブー亮さんの会見、見てるのが辛くなる程悲しかったです。
2人のこれからが幸せなものであってほしいと切に思います。

京都での悲劇であったり、RIZEの2人が逮捕されたり、地に足がついてないような感覚に陥ります。
が、明日は選挙ですので、よりよい社会って何かを自分なりに考えて清き一票を投じたいと思います。

ミト

2019年7月12日金曜日

真の理由は、マラドーナに憧れて

Apple Watchが欲しい。


健康管理、音楽操作、電子マネーなど、僕の生活サイクルにおいて、非常に役に立つことは間違いない。


「行動力こそが重要」だと考えている普段の私ならば、即買っているところではあるが、二つほど懸念があり、躊躇している。



一つは単純に、9月に新型が発売される可能性が高いということ。

時期が時期なだけに、待っていてもいいのだが、いかんせんフジロックなど、この夏にバンバン使いたいところであり、悩む。


そしてもう一つは、僕は普通の腕時計も好きなので、もしApple Watchが無くてはならない存在になった場合、好きな腕時計とApple Watchで、本田圭佑してしまう可能性があること。

これだけは、何があっても避けたい。

同じ事で悩んでる人は、実は多数いるのではないかと思うのだが、実際聞いたことがないのは何故だろう。。


そんな感じで悩んではいるが、なんだかんだで近日中に購入する予定。


絶対に真似はしないが、

「何故腕時計を両腕にしてるのですか?」と聞かれて、「ボディバランスを保つため」と答えた本田圭佑のユーモアは、とても好きだ。 


全く同じ事を三戸くんが言ったら即殴るけどね。


加賀山


2019年7月7日日曜日

ぎんぎんぎらぎらの


Neutral milk hotel
このバンドをご存知の方が日本にどれくらいいるだろうか。
かくいう私もちょうど1月ちょっと前に初めて聞き知って衝撃を受けた。

ニュートラル・ミルク・ホテル (Neutral Milk Hotel) は、アメリカ合衆国インディー・ロックバンド1990年代ギターボーカルのジェフ・マンガムを中心に活動していた4人組。1999年に活動を終了したが2013年に再結成を果たす。
※Wikipediaより引用

彼らが1998年に発表したアルバム「In The  Aeroplane Over The  Sea」
これがもう突然人生のベストアルバムの上位にぶっ刺さってきた。

何が良いとか表現はしづらいけど「小学4〜6年生の頃の夕方」っていう感覚。
底抜けに楽しいんだけどもうすぐこの楽しい時間が終わってしまうという焦燥感。
見知らぬ異国の街に来たって感じもする。

とにかく最近の江成は9割くらいこのアルバムしか聴いてないくらいハマりまくってるのでみなさんもよければチェックしてみてください。

加賀山さんに言われて気づいたけど俺は全体的に「アルバム数枚しか出してないけどその一瞬ものすごい煌めきのあるバンド」が好きみたいです。

今日は珍しく長時間スタジオなので頑張ります。

2019.7.7 エナリ


2019年6月22日土曜日

オクトパスズ

「人生、どんなことがあっても無駄な時間などない」
をモットーに生きていますが、生きていて久しぶりに100パーセント無駄だと思う時間があったので綴ります。

8階から降りるためのエレベーターに乗った。
僕の次に、3人組のOLが乗ってきた。
ある程度待って、ドアが閉じかけたそのとき、1人のオッサンが小走りで走ってきた。

心優しいOLのうちの1人が、閉まりかけたドアを「開」ボタンを押して、土壇場でオッサンを間に合わせてあげた。

僕も、まぁよくあることだな、と思いオッサンを待った。
オッサンはユデダコの様に顔が真っ赤だった。ここまでは良かった。


トロトロと走ってきたユデダコがエレベーターの中に入り、さぁ「閉」ボタンを押すのかと思いきや、
「開」ボタンを押したまま

「おーーーーーい」
「こっちこっちーーーーーー」

と大声で全身を使った手招きで、なんと150メートル先にいるもう1人のユデダコの様に顔を真っ赤にしたオッサンを招き出した。

ユデダコBは、しめしめと言わんばかりに超低速で走り出した。いや、もはや歩くより遅かったけども。

カールルイスですら最速で15秒かかる距離の70オーバーの低速ダッシュを長々と見せられるハメになった。

確実にエレベーターがもう一往復出来るであろう時間待たされたのち、ユデダコBが入ってきた。

待たされる事数分、もし僕が驚異的な腹痛に襲われていたら、殺意を覚えたに違いない。
いや、すこぶる健康状態良好だったその時ですら、殺意を覚えた。

ようやくドアが閉まり、エレベーターが降りだすと、ユデダコAが

「いやー、この度はどうも」
と意味不明な挨拶回りを始めた。

OL1、OL2、OL3、そして俺に。一人一人順々に、だ。

もはや友人の結婚式で始めて会う、友人の両親のようだった。

僕は必死に苛立ちを抑えて「大丈夫です」
と答えて1階を待った。

一階でドアが開くと、ユデダコA,Bは「それでは失礼します」と去っていった。
多大なる被害を与えて颯爽と去っていくハリケーンの様だった。

「人生、どんなことがあっても無駄な時間などない」

と思い続けて生きているので、無駄な時間にしないためにも書かせていただきました。

タコを食べる時に、あのコンビを思い出してしまわないかが心配です。

加賀山





2019年6月15日土曜日

falling

先日早稲田リネンというライブハウスで幽霊会社みちづれ先輩にお呼ばれした際に、ライブハウスの階段から足を滑らせて役10段の高さから落下して肘と臀部を強打しました。

結果からいうと打撲で済んで大事には至らなかったんですが経験したことのない痺れと痛みで「これはやったな」と思い何を思ったかコンビニに行き牛乳を買って飲みました。
遊びに来てたとしたら即帰るレベルの痛みだったのですがさすがにライブということで近くの病院へいき痛み止めと湿布を貰いなんとかライブは無事とり行いました。

多分あと何年か若ければすんでのところで回避できたりしたんでしょうが明らかに反応が衰えてるんでしょうね。
雨の日の階段は本当に気をつけましょう。

不幸中の幸いは背中はリュックを背負っていたのでほぼ無傷だったこと、楽器を持っていなかったこと、もし持っていたら本能的に楽器を守ってしまったかもしれません。
そして頭を打たずに今こうして生きて日記を書いていること。

生きていることにKANSHAしながらスタジオいきます。(CHIKOKU)


2019.6.15 エナリ